« 早い春 | トップページ | 菜の花 »

2007年2月26日 (月)

百穴と小江戸

チャノミーさんが遊びに来てくれたので、日曜に「正しい埼玉観光」にでかけました。今までお客さんが来ても都内に行くことが多く、自分たちも連休などは忙しく、通り過ぎるだけでちゃんと見たことがなかったのです。・・・それは「吉見百穴」「小江戸川越」

2007_0225koedo0015 百穴はこんな感じ。

埼玉県比企郡吉見町です。古墳時代終末期の横穴墓群。明治20年に発掘調査を行なった帝大の院生坪井博士が、「コロボックルの住居跡」と発表したというのが何とも微笑ましい(^^; 一部は軍需工場跡地。通路を登って間近で見ることができ、けっこう楽しい。犬連れあり、ボール遊びする子供あり、味噌おでんの店あり、町がのんびり管理している感じ。

2007_0225koedo0028 川越に移動。

市役所のパーキング(土日有料)に停めて、置いてある無料パンフを手に、蔵造りの町並みへ。人も多く、なかなか活気が。町並みの風情を残そうという努力が伝わってきます。「小江戸(こえど)」の雰囲気がでて。蔵造りの建物はそれぞれ商店としてちゃんと営業中。人力車も通るけど車もバンバン通ります(^^; 川越といえば「サツマイモ」。お菓子もうどんもあんみつも餃子まで「芋」!

遅いお昼を食べて、ぷらぷら歩きます。

2007_0225koedo0030 ヤ○トさん、素晴らしい!

町並みの雰囲気に合った看板と店構え!

2007_0225koedo0031 仏具店前の僧衣狸(^^;

2007_0225koedohugasi_2 さて、こちらは駄菓子屋が並ぶ「菓子屋横丁」  で。

ほとんどの人が手にして歩いている特大「ふ菓子」。黒糖を使っているので黒っぽい。折れないようにボール紙でガードされてます。

お味の方は、どうだったのでしょうかね?チャノミーさん?

蔵造り資料館やサツマイモ資料館、たくさんある神社やお寺まで見るとなると、とても1日では無理。またちょくちょく出かけてみようと思います。ちょっと寒かったけど、天気はよくて楽しいおでかけの日でした♪

|

« 早い春 | トップページ | 菜の花 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

どうもお世話になりました。
私もはじめてまともに埼玉観光しました。

ふ菓子は職場に持っていったら一日でなくなりました。
黒糖が濃くて美味しかったですよ。
高級なふ菓子って感じでした。

吉見百穴は絶対来年授業で語るぞ!!
だから日本史させてくれ~~!

投稿: チャノミー | 2007年2月27日 (火) 23時43分

うーん、そう聞くとやっぱり買えばよかったと思ってしまう「黒糖ふ菓子」(^^;
日本史になるといいね~。
ぜひ「コロボックル」について語って!
教育実習で額田と中大兄と大海の三角関係について熱く語ったのが懐かしいわ。

投稿: みーしゃん | 2007年2月27日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150819/5499696

この記事へのトラックバック一覧です: 百穴と小江戸:

« 早い春 | トップページ | 菜の花 »