« 弘前城 | トップページ | GWまんぷく編 »

2008年5月 4日 (日)

津軽(葉)桜紀行

昨夜、埼玉県に帰ってきましたbullettrain 気温が高かったようですが、庭が枯れ果ててなくてホッ。津軽の桜も今年はずいぶん早くて、父と母が「偵察」に出掛けた21日にはすでに弘前で満開。いつもGWにちょうど綺麗なのが売りなので、旅行のキャンセルも結構あったみたいです。

まずは29日、ローカル線の津軽鉄道芦野公園。旧金木町、今は五所川原市。

Kanagi1 Kanagi2

Kanagi3太宰治の碑 Kanagi4

Kanagi5 Kanagi6

弘前より桜が遅いのでソメイヨシノも残ってました。出店もたくさん。おばけ屋敷も!走れメロス号、普段は1両ですが、団体車両もついて3両!そしたら、途中の無人駅に停車したとき踏み切りに車両がかかってしまいましたcoldsweats01 車もゆっくり待っててくれます。頑張れ津軽鉄道!

翌日は、弘前公園へ。駅から100円バス「ためのぶ号」で、まずは津軽藩ねぷた村へ。ちなみに「ためのぶ」は藩祖の津軽為信公ですbusdash

Hiro1 Hiro2

↑弘前ネプタは扇形。街路樹の林檎が咲いてました。

Hiro3 Hiro4

Hiro5 Hiro6

Hiro7 Hiro8

Hiro9 Hiro10

Hiro11_2 Hiro12 Hiro13

外堀のソメイヨシノは・・・綺麗な新緑でしたcoldsweats01 お堀の水面が花びらで埋まって。出店もたくさん、でも平日なので空いてます。多種類の桜があるのが弘前公園のいいところ。アップ写真の可愛い八重桜は「東錦」、花の付き方がすごいボリューム!そう、この公園の桜は管理が行き届いていて、林檎の剪定の技術が生かされてるんだそう。花芽の数が他とは違うんだとか。もちろんソメイヨシノも。石碑は柔術で有名な前田光世(コンデ・コマ)のもの。この辺りで生まれたようです。案内もなくひっそり立つ碑。本丸周辺の枝垂桜は、まだ見応えがありました。ライトアップされると、さらに幽玄な感じ。うーん、ソメイヨシノも咲いていればさぞや・・・camerasweat01

1日は岩木山の方へ。山の麓ならまだ咲いているのではないかと両親の案で。

Iwaki1 Iwaki2_2 Iwaki3 Iwaki4 Iwaki5 Iwaki6 Iwaki7 Iwaki8 Iwaki9

道路沿いに植えられた濃いピンクのオオヤマザクラ、とても綺麗でしたhappy01 低い方は散っていましたが、しばらく登って行くと見事に満開。周辺を走ると、山の形もどんどん変わります。百沢の桜林公園ではソメイヨシノがまだまだ綺麗で、ちょうど桜吹雪cherryblossom。穴場でした。ありがとう岩木山。山から下りて来て、温泉へ。日本一長い木の橋「鶴の舞橋」がある富士見荘。

Sioki Yakata1

Yakata2 実家の庭も今がなかなか綺麗。2階の窓からパチリcamerashine

五所川原市の立ネプタの館へも。話題になったガンダムに会えて、良かったねおっきい。

大型立ちネプタは、4階まで行くと同じ高さで見られます。でっかいです。

葉桜も桜も温泉も満喫、北国GWでした。まんぷく編は、また次回。

|

« 弘前城 | トップページ | GWまんぷく編 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150819/20749957

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽(葉)桜紀行:

« 弘前城 | トップページ | GWまんぷく編 »