okky-mieshan.cocolog-nifty.com > 庭の生き物たち

小さな庭に集まるさまざまな生き物たちをご紹介します。

カナヘビ

カナヘビ

庭造りをはじめて1年目の秋、ひょっこり現れたカナヘビくん。撮影は難しいけれど、よく会います。なかなか愛嬌がありますが、足元を走り抜けられると、結構びっくり(^-^; 芋虫いっぱい食べてね~!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


テントウムシ幼虫

テントウムシ幼虫

新芽が伸びて、アブラムシが集まる植物には、テントウムシの幼虫くんが現れます。これは5月のザ・ピルグリムの葉。成虫よりも、幼虫のほうが、アブラムシをわしわし食べてくれるようです。よろしく(^-^)/

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


テントウムシの脱皮

テントウムシの脱皮

テントウムシの幼虫くん、ずっと動かないな~と思ったら、蛹になっていたのでした。左上が蛹の殻、右が脱皮したてのテントウムシ。透明がかったオレンジ色をしています。無事でよかったね。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


チョウ

チョウ

いろいろなチョウがやってきます。黄色いアゲハチョウもきますが、これは多分カラスアゲハ。黒地に表のブルーがとても綺麗です。紫のブッドレアの花穂によく似合います。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


ナガコガネグモ

ナガコガネグモ

縞模様がとても美しいクモ。ビューティ・クイーンと称する方も。ジョロウグモに似ていますが、「隠れ帯」を編むのはナガコガネグモのようです。庭の西側見張り役(^-^)

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


イラガ

イラガ

北側のカツラの葉を食害していたイラガ。まったく歓迎できません(>_<) 刺されると痛いようです。集団移動する小さいうちに見つけて処分したい毛虫です。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


カマキリ

カマキリ

立派なおなかの、ハラビロカマキリ。ガウラの中で。翌日はムクゲの花枝にいました。花目当ての虫を待っているのかな?頼もしい用心棒!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


エダジャク

エダジャク

ワイヤープランツに潜んでいた、立派なエダジャクの大幼虫。枝を切って移動しても、まったく動きません。多分、夜に上方の朝顔やバラをムシャムシャしていたのでしょう。見つけにくいです・・・(^-^;

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


カナヘビ

カナヘビ

ようやく、大きいほうの撮影に成功。ひだまりでじっとしています。庭に何匹かすみついているようです。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


カマキリの卵

カマキリの卵

ヒメシャラの幹にカマキリの卵。色が濃い目で、以前見かけたハラビロカマキリの卵のようです。芋虫ハンターが居ついてくれるのは、歓迎!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


コカマキリ

コカマキリ

ポストに絡ませたハゴロモジャスミンのなかにカマキリくん。茶褐色で、5cmくらいなので、コカマキリのようです。先日のハラビロカマキリに比べると、小さくてスマート。小さいうちの芋虫なら、捕ってくれるかな・・・?

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


キチョウのカップル

キチョウのカップル

ヒメシャラにとまっているキチョウのカップル。モンシロチョウより少し小さめ。産卵するマメ科植物は庭にないので、蜜を吸いにきたのでしょう。このチョウは越冬するようです。早春にまた会えるかな?ひらひらと素朴な可愛らしいチョウです(^-^)

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


モズのハヤニエ

モズのハヤニエ

ナンテン枝に刺された、哀れなカナヘビくん。玄関脇の鉢です。かなり驚きました(^^; 明らかに、鳥のモズの仕業。初めて見ました「はやにえ」。そして、明らかに、回収を忘れている模様・・・。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


ヒヨドリ

ヒヨドリ

冬のヤマボウシにミカンを刺したら、ヒヨドリがやってきました。逃げないよう、カーテンを少しだけ開けて、ガラス越しの撮影。皮だけ残して綺麗に完食してました!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


メジロ

メジロ

今度はカゴを取り付けて、ワイヤーで固定。スズメより一回り小さな、可愛いメジロが餌をついばみに来てくれました。ミカンが大好き。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


コガネムシ幼虫

コガネムシ幼虫

園芸家にとっては目の敵。ラズベリーの元気がないと思ったら、鉢の中に大量にいました(>_<) バラの根なども食べてしまうので困るのです。写真で観察すると、ぱやぱやと毛が生えていたり、可愛いところもありますが。対策としては、やはり木酢液の潅水。また、白いゼラニウムを植えるとコガネムシがかじり、中毒を起こすそうです。センチュウ忌避効果があるマリーゴールドもよいとか。とりあえず白ゼラニウムを見つけたので植えておきました。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


クビキリギス

クビキリギス

キリギリスの仲間、6cmくらいの大きなバッタです。まだ寒い時季に庭にいたので驚きましたが、昆虫エクスプローラの園長先生によると成虫で越冬する種類なのだそう。噛む力がとても強く、指などに噛み付いたのを取ろうと引っ張ると、首が抜けても離さないとか・・・それで「クビキリギス」。ちょっとコワイ(^^; 春咲きから「ジーーン」と鳴くみたいです。また、画像では分かりませんが、口が赤く、顔は「口紅をつけたネズミ男」がキャッチフレーズ(?)らしいですよ。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


ヒラタアブの幼虫

ヒラタアブの幼虫

粉粧楼の蕾にいた、ヒラタアブの幼虫くん。半透明でヌメッとしてますが、アブラムシをむしゃむしゃ食べてくれる、偉い子なのです。ヒラタアブは春先から粉粧楼やザ・ピルグリムの葉を飛び回って、たくさん卵を産んでくれていました。白い細長い卵に気付き、周りの葉裏をよく見たら、アブラムシがびっしり!なんてことも。アブラムシレーダーでもありますね。去年までは、よく分からず捕殺してしまったこともありました(>_<) これからは大切に、ヘキロもあまりかけずに・・・。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


バラの害虫(クシヒゲハバチの幼虫)

バラの害虫(クシヒゲハバチの幼虫)

バラの葉を食害する芋虫で、黒いハバチの幼虫。白っぽく透けるような体をしてます。白い斑点状に透けた葉の裏をチェックすると見つかります。芋虫類は、赤ちゃんのうち集団行動なので、早期発見して葉ごと取り去れば問題なし!写真はザ・ピルグリムの葉裏。ちょっと発見が遅めでした(^^; 丸々したアブラムシもいますね~。
最近まで、オオシロオビクロハバチの幼虫と混同しておりましたが、違うハバチです。オオシロ幼虫はもっとマットな質感で、丸くなって休んだりしています。対処はどちらも同じ。うちでは、クシヒゲの方が多いかなぁ。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)
画像をご利用になる方は、ブログのほうにご一報いただけると幸いです。


ヒラタアブの蛹

ヒラタアブの蛹

ちょっと見えにくいですが、バラの葉茎にくっついた、ヒラタアブのサナギです。以前は「???」だった、涙形の物体。幼虫がアブラムシをモリモリ食べてくれる益虫、ヒラタアブ先生のサナギですから、大事にしなければなりません。このバラ、ザ・ピルグリムは壁際で風がしのげて暖かいせいか、害虫も益虫もわんさか寄ってきます(^^;

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


オナガ

オナガ

オナガの群れが近所の公園に来るらしく、庭にも何羽かリンゴの皮をついばみに。鳩ぐらいの大きさで、綺麗な野鳥。ヒヨドリよりも大きいので、カゴがギュウギュウ(^^; 日本での分布域が狭まっているようで、西日本では見られなくなったとか。関東では頑張ってほしいものです。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


カマキリの赤ちゃん

カマキリの赤ちゃん

スモークツリーに、カマキリの赤ちゃんがたくさん!枝に卵があったので、きっと孵化したてなのでしょう。他の木にある卵も相次いで孵化したようです。春先でなく、バラが終わる頃に生まれてくるのですね。たくさんいても、大きくなるのは僅か?がんばれ~!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


お食事中のカマキリ

お食事中のカマキリ

ぱやぱやとした赤ちゃんだったカマキリも、こんなに逞しくなりました。ゴーヤの葉に陣取って、捕まえたバッタを頭からムシャムシャ。このハラビロカマキリは樹上性で、セミを捕まえることもあるのだとか。すごいですね~!だけどゴーヤには卵を産まないでね、後で片付けちゃうから・・・。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


オンブバッタ

オンブバッタ

庭のあちこちでよく見かけるようになった、熱いカップル。大きなメスに、小さなオスがしっかりとしがみついている様が、なんとも可愛い。紫色のブッドレアの花穂を見上げて、「君のほうが綺麗だよ」なんて・・・?

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


バラの害虫(ホソオビアシブトクチバの幼虫)

バラの害虫(ホソオビアシブトクチバの幼虫)

分かりますでしょうか?チャイナローズ、粉粧楼の根元近くにペターっと張り付いているのは、人間とハンターたちの目を逃れて成長した、ホソオビアシブトクチバの大幼虫です。小幼虫の頃は、新芽や蕾にくっついている可愛らしい尺取虫。大幼虫になるとすごい食欲で夜間に葉をたいらげ、日中はこのように下方の幹やラティス、ワイヤーなどに張り付いてじっとしています。食害跡を見つけたら、そこから下方を探してみましょう。目が慣れてくると、グレーのホソオビくんが見つかりますよ。割り箸でポイ!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


バラの害虫(チュウレンジバチの幼虫)

バラの害虫(チュウレンジバチの幼虫)

アイスバーグの葉をムシャムシャ。黒い羽にオレンジ色の胴体を持ったハバチの幼虫。ずいぶん大きくなってしまいました(^^; できればもっと小さいうちに発見したいもの。親は、バラの柔らかい若枝に傷をつけて産卵します。現場を発見したら、とろいのでテデトールできます。産卵された傷を見つけたら、私は鋏の先で卵をかき壊してしまいます。幼虫が生まれると、葉の裏側から縁にずらっとぶら下がって食害するので、表から見ると、ギザギザに痩せてきた葉の縁に黒い頭が並んでいる状態です。葉ごと切り取って処分すればOK!柔らかい若枝がある間、4月から11月くらいまで発生します。刺しはしないので、見回りさえして早期発見すれば大丈夫です。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


シジュウカラ

シジュウカラ

スズメよりも一回り小さな体、シックでお洒落な配色はシジュウカラ。警戒心が強く、ちょこちょこ機敏な動きです。可愛い小鳥なのですが、ヒヨドリが権勢をふるっているので滅多に会えないのが残念(^^;

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


バラの害虫(バラゾウムシ)

バラの害虫(バラゾウムシ)

アイスバーグの蕾の先端を徘徊している、にっくきバラゾウムシです。本名はクロケシツブチョッキリ。まさにその通りなネーミングです。
新芽の茎をチクリとやって、大事な芽や蕾を枯らしてしまいます。初めの年はまったく見なかったのですが、オーガニックなバラたちに気付いたようで、ずいぶん出るように。でも、蕾が沢山あがっていれば、適度な摘蕾。おおらかに。ただし見つけたら、落ちて逃げるので下方にも手を添えた上で、即刻テデトール→黒パウダー、ですよ!

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)


アマガエル

アマガエル

プチ庭にやってきた初アマガエルくん。とぼけた顔で、日によってお気に入りの場所でまったり。クリローの葉の上、デッキのテーブル、メダカ鉢の縁、この日はヒメシャラの幹。どこの水辺から来たものやら・・・。多分うちで冬眠するのでしょう。プチ庭生態系では、鳥に次ぐ上位かも?だんだん生物が多様になってきた感のある、シロウトオーガニックです。

※こちらは写真アルバム「庭の生き物たち」です。ブログ「小さなお庭のまんぷく日記」トップhttp://okky-mieshan.cocolog-nifty.com/ へもぜひお越しくださいね。
(写真の上のアドレスをクリックしてどうぞ)